タグ「PC」 の検索結果(1/1)

GV-MVP/VZ サポートソフトを3.23→3.31にすることにした。IO変更履歴の表示によると、そもそもドライバーを変更してはいないということである。この点が安心である。ここに変更が加わると、場合によれば使い方を変更しないといけなくなるだろう。大幅な変更は困る。

 

ただ、ドライバーが変化しないのであるから BOSDも内在している。

以前から、

○サポートファイルのUpdate は、上書きインストールが出来るようにしてもらいたい

○BD・ DVD-RWへのダビングでの書込時間が長いので 書込速度を上げてもらいたい

○EPG取得時間の短縮と精度を上げて欲しい

ということを書いてきた。1は未だ無視され、2は早くなったとは思えないレベル 3については精度が上がったとネット上情報が出てきた。VZを運用してからずっと既録データ紛失が怖かったのであるが、Updateにて既録データ紛失の情報は出ていなかったし、ドライバーの変更がない点、そしてネックであったEPG取得時間の精度を上げるために、今回はUpdateを試みた。

 

 

 

All recording succeeded

|

6月11日の7件の予約録画は全てエラー無く完了した。念のためにシャットダウン+USB電源供給遮断し 起動後にはmAgicTVで視聴確認までしていたから、BOSDになる恐れもなかったし 録画ミスっていうことも起こらなかった。今のところ、PCハングアップによる動作不能はあっても、録画に失敗することはない。事例としては、予約時間になっても録画データのコピーを続けた場合と番組表の不一致(番組表のデータベースと番組変更の整合性がとれない場合)によって録画に進行しなかった場合がある。

 

ここに来てキャプチャー新製品が出てきて、今後の賑わいを見せつつある。HDDを圧迫しないH.264形式のAVCREC方式に興味が湧く。我がIO製品は、未だ未対応である。ともかく、ダブルチューナーにするほど民放は観ないため このVZが故障せずにあと2年は使いたいと思っているから さすがのIO製品もAVCREC方式に対応して安定していることだろう。

astuhime01.jpg

BD-RE + GV-MVP/VZ Memo

|

BackupBDAVを使いたかったのだが、なぜか動かない。意味も分からず適当に操作していたらcBackupBluRayが何とか 稼働して希望していたBD-REからのバックアップが出来るようになった。

 CBackupBlueRay01.jpg

オプションや設定自体の正確性なんて全く関係なく操作しているだけだから、単なる記録メモである。

 

最近は、録画データの視聴で実は忙しいのだ。

GV-MVP/VZには、BOSDが皆無ではない。比較的安定している我がPCでも発生する。

 

BOSDが必ず起こるわけではないから、予想が付きにくい。

 

普段は、休止→録画→休止→録画→番組表取得(早朝4時)→休止 という流れでVZ専用PCを稼働させている。これに、定期的にPCを完全にシャットダウンすれば安定度が増す感じがするのであるが、BOSDの回数も少ないので3-4日程度でシャットダウンをする。シャットダウンしたから安定するとも言えない。

magicManager0611.jpg

 

SOTOGOTO外事警察

|

4月5月の番組の中で、特に印象に残った番組がある。それは、もうぶっちぎりの作品である。

再々放送で録画していたものを一気に再生した。NHKに脱帽しました。

 sotokoto01.jpg

外事警察 (再々放送)

これを観た故に以下の番組はもう録画もしないし番組も観ない。

 

○絶対零度・・・アイドル番組だね。演技派を起用したとしても

 

最近の GV-MVP/VZ

|

仕事三昧の日々を終え、多少のゆとりを感じられるようになった。ただ、7kgも体重が増えたことについては言い訳は出来ない。おきまりの運動不足と長時間にわたるデスクワークはあるものの 腹2割増しで食い続けたら それはただの卑しさである。

 

自分の腹の脂肪具合は無視して、最近のGV-MVP/VZはどうかというと 全く変わらない。

操作ミス(ケアレス ミス)による録画撮りの失敗はあるが、スタンバイからの復帰後 予約録画・EPG取得は全く問題なくラップを刻む如く動作している。もちろん、Windows7の不安定やBSODとは無縁である。

mvpvz20100401.jpg

 

ただ、スタンバイからの復帰後EPG取得は自動運転させているため 取得時間は気にならないのだが mdbファイルが肥大化すると 番組表も虫食い率が高くなる。そのため、mdbを週間で消去する必要がある。その手間があるぐらいで、そろそろディスクに余裕がなくなりつつある。録画データの整理の方が面倒だ。

サポートファイルは古いまま(Tips:GV-MVP/VZ 安定化の備忘録

劣勢のAMDだから市場が狭いからか 極力在庫を持たないようにしているのか 店頭よりAthlon ⅡX2 235eが消えている。よりクロックアップしたのを市場に出すのだから、旧製品に生産ラインを塞がれるのは効率が悪く小ロットしか生産しないというのは理解できる。

 

先月の末だったか ソフマップの店頭でX2 235e が¥3,980だったから 思わず購入してしまった。新CPUを発売するために、在庫一掃したという感じである。ユーザーにとっては、新品でありながら中古品の価格で しかも省電力タイプであるから嬉しい限りだ。デュアルCPUが、こんな価格で購入できるのなら ショップの価格チェックは欠かせないなと改めて思う。だから、発売直後の新CPUは私には買う理由が見つからない。

 

240e も減り始め、いずれ間もなく605e も市場から消えていく。以前から、605eはチェックしていたが、クアッドを使う理由が見つからないため、在庫一掃価格を目にしてもポチしないかもしれない。まあ、価格チェック次第ということかな。

S4からの復帰録画、視聴、ダビング についても不都合無く GV-MVP/VZ は稼働している。毎日録画した番組を視聴出来る優雅な方なら なにかと制約のないPT2にしたいと思うのだろうけど 録画データもあまりチェックできない私には この機種で十分である。

 

そもそも、パラボラを立てないと視聴出来ないと思っていたBS番組(パススルー環境)が、USBを刺すだけで視聴出来るようになったのであるから それだけでもありがたい。ケーブルテレビ局が、本格運営となった場合には地デジ環境設定を変更するかもしれないので 最後はパラボラを立てないといけないのかもしれない。

 

ビデオキャプチャー製品は、本来PCでは扱いにくい商品であるとの認識を持っている。最近は、安定した製品が世に出たのかもしれないが 私はそのジャンルには疎い。私は10年ぶりに適当に値段、3波放送、Windows7 x64 対応という項目だけでGV-MVP/VZを選択した。ネットのランキングやレビューする見なかった。

 

要は、初めから不安定な商品との認識を持っていたし、自分の環境で動けばいいものだし だめな場合は予算を取って家電商品にするしかとの判断であった。そもそも、ヨドバシのポイントがあったのだ。GV-MVP/VZを全額ポイント支払で持ち帰った。希望の家電録画機は遙かに高いからね。

 

そして、多少の試行錯誤はあったものの 私の環境では全て機能することが分かった。購入日は、12月20日だったかな・・・ 十分なテストをし終えた感がある。

 

 

AMDのロードマップによると、次期統合型のチップセットは

AMD 880G(RS880)・・・2010年4月量産開始・2010年5月投入  という計画(当然ずれ込んでいくだろう)がなされている。大手メーカーが採用不採用という大きな問題は別にして、自作ユーザにはそんなに魅力的に映っていないなぁ。

 

職場で790GX 自宅でやっと780Gを使い始めた者にとって、785Gですら不要との認識がある。ただ、SATA III 6Gbpsサポートがどこから始まるのかという興味は尽きない。USB3.0が普及しつつあるのであるが、私には不要だ。SATAの方が、使いやすいし安定していると思っている。880Gに採用されなければ、980Gということになり 量産化と低価格化がなされるのが3年先・・・

 

あと3年間は、780G/790GXを使い続けることになる。それ以上のアップグレードは必要ないね。

当面の課題は、

○780GでGV-MVP/VZを運用するということ。

○x86+XPを終了させ、全て 7 x64 にすること

最初からIOソフトを導入するときは、メモリー容量4GB以下 実際には2GBでテストすべきだったのかもしれない。当初は(A780GM-M3)、チャンネルスキャンをするだけでBSODでPCがリセットされていた。メモリーの相性なのか 4GBの容量が鬼門であったからなのか。とりあえず、メモリーをバルク2GBで サポートファイルも最新の状態で再テストしている。

 

既に、各ゲームタイトルに全く興味を覚えず、DVD・画像のコピー収集やデータ圧縮も一時の情熱も冷め失せてきた。たとえば、データ圧縮した映像データを今後 何回観るのだ といったことを考えると圧縮作業はもちろんのことBD-REへのダビングですら 無駄な作業な訳で それこそ2TBのHDDを2-3台増やせば メディアの枚数も不要になる。

 

だから、GV-MVP/VZ が安定して動作できるPC (これにはS3からの復帰が伴うとなおさら利点が多いのだが)をメインに使用すれば 現状のPC作業が全て出来ることになる。安定しているTA690Gよりも、A780GM-M3で運用したい。録画、DTCP-IPサーバー機能は及第した。後は、S3復帰とダビング機能のテスト。


BootTimerのインストールも終わっている。今日帰宅したら、録画データの確認と電源交換を実施する。

 

雑感 GV-MVP/VZ

|

長らくテスト使用してきたGV-MVP/VZ が安定してきた。操作方法も慣れてきたのだ。

 

マザーボード3つに対して 完全に【録れる 送れる 見れる 複写れる という環境】に出来上がったのは、TA690Gだけであった。それ以外は、インストール後ソフトを動かすだけでBSODと録画視聴はすこぶる安定するもののDTCP-IPサーバー機能を追加するとBSODを繰り返す半端な結果だった。

 

HDMIドライバーとの相性でリビングでは全く役に立たなくなり、ゴミかオークション行きが決まっていたTA690G。それが、GV-MVP/VZ とは相性が良かったのだ。

安 定しているため、今は録画機になりつつある。ただ、TA690Gの電源管理は不安定である。連続運用しかできていない。きちっと電源管理が出来る環境に至 るまではトライ&エラーが続きそうだ。いまさら、安定し始めたTA690Gも手放せない。悩ましいところ。もう1枚TA690Gが睡っている。電源管理が 不安定だから、残りの1枚を出すこともないが予備のマザーボードがあるのは安心である。

 

GV-MVP/VZの方が、先に故障することになるだろう、きっと。TVキャプチャは使い始めると手放すのが惜しくなる。

VMware ESXi U4 が順調に動いている。ゲストOS(サーバー)のx64へのシフトは後回しにして デスクトップを出来ればx64化したいと思っている。まだ動いているSoket AのPC群の中で メインのPCはx64へシフトする。

 

ただ、全部を交換する必要はないのであるから、x86 XPは多少ブラッシュアップさせて臨時稼働させるという段取りだ。我が仕事場でも、XP、2003 Serverはまだまだ使わないといけない。というか 使える。

 

この期にPCケースをコンパクトにしたいけど Mini-ITX は価格も高く 耐用性に疑問がやはり残る。

部品の交換の容易さと耐久性で 結局M-ATX ってことになる。

iconicon

Aopen(AII) G325 RED ¥5,980 icon
ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

ツクモ電機その後

|

民事再生中だったツクモ電機の事業譲渡が決まったようだ。

 

1/31 民事再生スポンサーとの間の事業譲渡契約締結のお知らせ 詳細

 

会員登録もしてあったし EXカードも作っていたから 3月で諸サービスが終わるのだろう。そう思って、会員サイトへログインをしてみると ポイントが2700が残っていた。ポイントの消滅前に気がついて よかったのものの ヤマダ電機(株式会社Project White)じゃあまり利用する気持ちになれないので残念でもある。

 

 

PT1の方向性

|

最近、にちゃんねるにはアクセスしていない為 正確な「 PT1」の情報は知らないのだけれど、暗号化をユーザー側で復元しないといけないというのは利点が多いのかな。B-casカードとソフトウェアが無い故に単純商品としては視聴出来ない。ということは商品として規制対象外だと思うので販売は可能だし ソフトウェアによっては大化けしそうだね。。

ということは、今の内にB-casカードは予備の準備をしていた方がいいということだな。

プレゼント応募がアナウンスされているので 一応 参加してみる。当選はしないだろうがね。

アースソフトPT1 タダであげます

B-CASカード無しの地デジ/衛星チューナー「PT1」が発売

工人舎がAtom搭載の小型ノート発表、Eee PCとの競合避け高価格帯で勝負 (PConline)

誰しも台湾メーカーとの価格消耗戦は無意味だと思うのは当然です。

ただ、工人舎ユーザーとしては落胆しますね。工人舎の市場をEeePCに獲られたわけですから、もっと製品を独自のものにしないとAtom製品なんて 珍しくも何ともないですからね。だってそうでしょう、大手メーカー製のものと変わらないのに わざわざ工人舎の製品を買う人いないですよ。

こうなっては、SA1F00J なんてオークションに出してもゴミ価格なので 壊れるまで使うしかないでしょう。

工人舎で高く買ってくれないしね・・・

Acer Aspire One

|

AcerのNetBook「Aspire One」登場

☆CPU 1.6GHz動作のAtom N270
☆RAM  512MB  XP 1GB
☆Strage 8GB SSD or 80GB HDD
☆Displya 8.9インチワイドの液晶
☆ETC SDメモリーカードスロット USB 2.0×3、アナログRGB、有線LAN、Webカメラ

Atomチップのブレイクですね。チップをぶつけてこなかったAMDはもちろん Viaも苦戦あるいは全滅するのかもしれないね。いわゆるEeePC型(MobilePC)分野では。

Eee PC 1000

|

Eee PC 1000 to have more memory, storage space (TechConnect)

Depending on which OS is used, Linux or Windows, the Eee PC 1000 will come with 2GB of DDR2 memory and 80GB in storage space (only for Windows XP version). The upcoming 1000 models will weight in 1.45 kg and will also offer 10/100 LAN, Bluetooth and a 1.3 megapixel camera. Currently, the price tags of the Eee PC 1000 models are unknown but we should expect them to be over $650.
EeePCシリーズながら、重くてかさばるのなら普通のPCじゃないか・・・

新EeePCには期待もしつつも ノートPCは要らないわけよ。MobilePCにして戻してほしいねえ。
まだ正確な情報が出てきてないから仕方がないけど、Eee PC 1000はどうも期待はずれね。

CASSIOPEIA FIVA MPC206 を現役で使用するために、バッテリーセルの交換をすることにした。

WIFI機器としてMyloを検討していたが、
1.いかんせんSony製である事(Sharpだったら直ぐに購入するだろう)
2.Websiteのみの販売だけで 店頭での値崩れを期待できない
この2点を駆逐するだけの商品価値が見つからないためだ。

ご存知、高価であることに加え 耐用年数が著しく低いメーカーだったという私自身の苦い経験は今も変わらずに持ち続けているため Myloのコンセプトには惹かれつつも Myloの購入は取りやめとした。
Sonyを使って 満足するのはホンの一瞬だけだからね。