タグ「Food」 の検索結果(1/2)

1   2   

ネパール・インド&アジアンフードの店 コセリ オープンしてますね。

〒251-0871 神奈川県藤沢市善行1丁目22−16 第3デンドービル1F
Tel 0466-84-57660466-84-5766
 
P1110292-1_R.jpg

It would be What feast

|

しばらく自分のサイトを動かしていませんが、現在はgoogle+の方で若干書き込みしてます

 

ごちそうって何だろう google+の判定は チェックインを稼げるサイトであれば有名店が中心ということになんでしょう

 

有名店の有名料理を写真でバンバン 紹介されてますが どうも『ごちそう』に結びついていない気がします

 

 

 

スーパーの在庫処分品だったようなレトルト食品。

タイ料理が、レトルト食品で手軽に食べることが出来るのはありがたい。でも、タイ料理店に出向くかと問われればノーで、せいぜいがベトナム料理店である。

P1050719-1.jpg

2014 happy new year

|

謹賀新年

平和を享受し、健康と多幸 の年となりますように!

 

P1040579-1.jpg

2014年のお付き合いおせち。

ビアンコのペスカトーレ。

見た目は綺麗にできあがったが、味は失敗。

P1030304-1.jpg

貝から出る塩分が、強すぎて 無理矢理薄める羽目になった。

事前に、ブロードを準備すべき点

蛤は大きい分濃厚なソースに使うべき

パスタ用の小さなフライパンが必要

 

具材に罪はないので、後は合わせの問題だ。リングイネの食感も良し。

もちろん、トラットリア フランコ ペスカトーレ さんの感化である。(パクリ)

 

冷蔵庫の余り物を一気に片付けられる簡単おつまみ料理。

 

バージンオリーブオイルと大蒜(生のスライスかチューブ)と 好みにより唐辛子があれば出来上がりだ。

P1030001-1.jpg

 

今日の材料  1人前
バージンオリーブオイル具材が浸る程度
具材アサリ、ムール貝むき身、小エビ、イカ、いたや貝
にんにくチューブで十分
調味料塩 唐辛子
その他ズッキーニ、バジル、伊タリアンパセリ

テーブルワインでどうぞ!

伊タリアン料理って、日本でもムール貝ってどうして使用するんだろうか。

香りが良いの?味が良いの?

 

日本は、牡蛎やホタテ貝を食べる国です。そりゃ、牡蛎もホタテもパスタには向きません。大きすぎますから。視覚的に美味しそうに見えるムール貝かもしれませんが、私は牡蛎を食べます。

 

今日は、伊タリアン鍋 カッチュッコを作る。

 

P1020990-1.jpg

最近、17時以降生ビール280円に釣られて入店した中国料理店が
中国家常菜 福家 横浜西口店だ。

 

職場から徒歩2分と非常にアクセスがよい。

 

カウンター席はないので、ディナータイムは相席、席の移動が予想され
一人客はあまり歓迎されないようだ。邪険にされるというわけではないだろうが、
席の回転率という店の重要事項によるものだ。

 

一見して、ホール係、コックとも中国の方である。

 

焼き餃子@350円
焦げ目よし、具材よし、ちょっぴりジューシー・・・トータル普通

 

P1010871-1_R.jpg

 

スポーツバー あるいは ダイニングバー に 初めて お邪魔しました。その記念すべき初回のお店がUNO228 です。

P1010584-1.jpg

当然、赤提灯でもシックなショットバーという出で立ちでないから、中年親父には入店に対する躊躇が出ます。実際、初回に一人で入るには勇気が必要でしょう。何しろ、繁華街にあるわけではありません。隣は、クリーニング店で町内は、『青葉台南商店会』という地域に位置します。スポーツバーに慣れている人なら全く苦にならないのでしょうが・・・

 

P1010576-1.jpg P1010577-1.jpg P1010575-1.jpg

さて、入店しました。オーナーには、『お好きなところへどうぞ』と言われたものの、店内は長方形。暗いカウンター、明るいカウンター、テーブルのうちTV前の明るいカウンターに陣取りました。

 

一番奥の暗いカウンターには常連さんがやってくるのか数人入れ替わりがありました。初陣の私は、余裕がありませんから雰囲気楽しみながら横浜-巨人戦を観てました。よく飲んで食べる常連さんとはお近づきになりたいですね。

 

私ら一見の客が、ビール一杯で粘っても意味が無く やはりアラカルトで料理をオーダーしないとそのお店の素顔は観られないわけです。常連さんは、素顔を知っているわけでしてワンドリンクで粘ったりするんでしょう。常連さんを大切にしないといけないけれど、粘るだけの人が多くてもね・・・ 私が滞在した時間の常連さんは、Bar 利用者です。

 

オーダーは、店の料理度が分かる『ペペロンチーノ』 『マルゲリータ』 をあらかじめピックアップ。メニューにあったマルゲリータを注文しました。

手料理:回鍋肉

|

回鍋肉は、甜麺醤の味付け といっても過言ではない。

 

豚バラ肉とキャベツ そして 水溶き片栗粉をベースに 彩りや食感のために野菜をプラスするのが我が家のバリエーションである。味の決め手は、甜麺醤である。この味噌と豆板醤があれば、実は中華料理となるのある。

 

ただの野菜が、醤を入れると中華となり、豚バラ肉とキャベツに甜麺醤を入れるだけで 回鍋肉となる。

 

 P1010890-2.jpg

青年期は、京都で過ごしていた。学食よりも、『王将』で食べることが多かった。

 

私の中華好きは、『王将』から来ている。関東の王将は、店舗数が少ないのか 立地が駅前に集中しているのでピーク時は行列覚悟で行かないと簡単には座れない。

 

当時の王将では、昼時のピーク時のことは覚えていないので その時間を外して出向いていたのかもしれないがカウンターはいつでも空いていた記憶がある。メニューに麺もあったと思うが、ラーメン系を食べたことがない。麺食=揚げそば(かたやきそば)であったからだ。ラーメンといえば、自宅や下宿先で食べる袋麺でありましてや中華飯店で食べるものでもなかった。

 

かくいう 揚げそば。別名 皿うどん、かたやきそば、バーリ。

自宅でも結構作る。市販の細揚げそばを購入し、野菜炒めにスープ&水溶き片栗粉を入れてできあがり。こんなのレシピ自体がない。強いて言えば、スープは化学調味料だけでもいいのだが、野菜出汁があればなお旨し。

 

P1010795-1_R.jpg

 

甘酢あんかけというと、酢豚が一般的であるが我が家では『揚げ物』のレパートリーはないので酢豚を作らない。

 

私の料理の基本は、『炒め物』が中心であるが故に、味のバリエーションとして『甘酢ソース』をうまく使いたいということで試作が増えている。

今日は、豚バラと茄子を中心に組み立てた。

 (椎茸、ピーマン、下敷きはグリーンレタス)

材料  4人前
茄子5本 他は冷蔵庫にある野菜類
豚バラ300g
塩・ケチャップ・酒・醤油適量
砂糖大さじ 4
大さじ 4
にんにく・しょうがチューブで十分であるが必ず入れる
スープ1カップ お湯+中華味 とか ネギスープとか
水溶き片栗粉適量

 

P1010302-1.jpg

ブッフェスタイルのしゃぶしゃぶやさんで夏バテ防止に肉食しました。

 

しゃぶしゃぶというのは、お鍋の中でも比較的簡単に家庭で代用できるので外食までする必要があるかと考えることがあります。大食漢は、私一人なので『元が取れない』という要素も浮かんでくるから始末に負えません。

 

暑さの盛りに、下ごしらえと後片付けを割愛し、肉食しようということで 『美山 湘南テラスモール』に寄りました。

お盆休みウィークで結構4Fの飲食街は行列がありましたが、美山は待つこと無く座席に着けました。

美山は、チェーン形式をとっていることもあり他店舗でも同じ内容のようですので、どこへ行ってもばらつきは無いでしょう。(株)ピアーサーティーグループの一つでグループではいろんな業態も運営してます。グループサイト

 

胡瓜の浅漬け

|

キュウリの浅漬け

浅漬けは、秋本食品とかの各商品を買うか、浅漬けの基で漬け込むかしていたのだが、、簡単に作れることが分かったので備忘として残す。

 

材料  
胡瓜3本 乱切り
大さじ 0.5
砂糖大さじ 1
大さじ 3 (時間のない時)
その他水の代わりに昆布だし汁の方が本格的
P1010313-1.jpg

 

缶詰を含め、年中食卓に登場するトマトであるが、フレッシュトマトの切り方はと問われると・・・

 

種を取るとか厚さ・切り方に こだわるとかいろいろあるけれど

P1010242-1.jpg

私は、輪切りが一番好きである。形が大きくとれるのとツブツブ感がよい。

湯むきもせずに簡単に柔らかく食べられるからだ。

 

子供の頃は、酸っぱくて 砂糖をまぶしていた時期もあるが現代は品種も改良されていて甘みの多い野菜となった。我が家の食卓には、甘い甘いブランド品では無くて 地物の形が歪のものが多いが。

ニュータッチ 横浜とんこつ家

 SBSC0020.jpg

イオン火曜市で¥105円だったため、購入してみた。家系らーめんということで「吉村家」をイメージしているのか家系の総称を指しているのか分からないが、豚骨特有のしょっぱさは味わえる。乾燥ほうれん草とネギは少ないけれど、いい感じ。あえて豚臭さを入れてもらえればというのが希望である。

 

SBSC0019.jpgSBSC0023.jpg

ただ、家系のスープとしてはおとなしめで 物足りなさを感じるがそこは¥105円であるため 気にする必要は無い。この商品、¥190円を超えるのなら 私は買わない。まあ、私の場合 ブランドというよりも安いものを買い求めるので丼型カップラーメン(大)がワゴンセールしているなら かごに入れるけれどね。

値段はともかく、太麺堂々 濃厚 魚介豚骨醤油 を贔屓する。

 

 

スンドゥブ・チゲという言葉と料理については、最近まで全く知らなかった。イオンの店頭で商品が並べられるようになったため、これは何だというのがきっかけで興味を持った。娘に聞くと、学食でもたまに韓国料理フェアに合わせてメニューに挙がっているそうだ。コリアンタウンに通っていた私でも「スンドゥブ」を知らないのだから、最近のメニューなのかと思っていた。しかし、商品を見ると伝統的?家庭料理の一種となっている。矛盾している。

 

wikipediaが正しいとは限らないが、以下の点を引用すると

1990年代、スンドゥブ・チゲは米国ロサンゼルスのコリア・タウンの人気メニューになった。豆腐が健康食品ブームでもてはやされたことが背景にあげられる。1996年にオープンした専門店「BCD TOFU HOUSE(北倉洞スンドゥブ)」が米国内にチェーン展開を始め、やがて韓国に逆輸入されるに至る。

 

 

比較的新しいジャンルのようである。大体、韓国料理店でチゲをオーダーする習慣がない。普通はチゲ鍋なんて注文しないだろう。焼き肉、ビビンバ、クッパ・・・スープとしてはせいぜい わかめスープが我が家の習慣である。外食の場合、鍋の王道は 「てっちり」である。チゲなんて出番はなかった。しかし、ここは関東。「てっちり」は外食としては手が出ない領域である。市場にも売っていない。せいぜい、通販ぐらいかな。

澤乃井 大辛口

|

日本酒の好みが定まらない。

辛口の日本酒を探してみても、何だか堂々巡りとなって 結局 澤ノ井に戻ってしまう。

たとえば、イオンで日本酒度+20(超辛)となっている『雪の松島』を飲んでみた。

P1000114-1.jpg

 

円高を享受しよう。

今日は、輸入パスタソース。100円Shopで¥105円也。

Pasta Oil Sauce-Garlic-Chili.jpg

茹で立ての麺に、かけるだけ。安くて早くて、蓋付きだから残っても安心である。

輸入元は 株式会社 トマトコーポレーション

http://www.tomato-corporation.co.jp/index.html

乾燥タイプのソースは風味に乏しく、レトルトパックのものは、量が中途半端なのだ。

時間があれば、冷蔵庫の余り物も入れちゃおう。

日本の季節もイレギュラーになったのだから、土用の丑に鰻を食べる必要ないのだろう。お盆過ぎた後の夏の最盛期こそ食べるべきものである。

 

8月、9月もうなぎ丼である。土用の丑は、値が単につり上がるだけだし。食欲の落ちる時期こそ 鰻にしよう。

P8156207B.jpg
1   2