タグ「Domain」 の検索結果(1/1)

Domain update 2010

|

株式会社デジロックの方へ

エコネクトキャンペーンで、今回エコネクト Wi-Fiを契約したのでDomainの1年更新が昨日付与されました。ありがとうございます。

 

フレッツ光ネクスト+エコネクト

快適性を重視した大容量の次世代レンタルサーバー

DNSレコードの変更

|

swcoreserver.jpg

サーバー移転済み。

 正確には、DNSレコードの変更だ。XREA Plus から CORE-A へレンタルスペースを移動した。同一事業者内部の移転なので、DNS変更とデータベース・Web設定には10分程度で完了している。Cた

ただ、移転後の確認はこれからで 各エラーが待っているのかもしれない。

Movable Typeの再構築では、今のところエラーがなかった。

ドメイン名自由化を巡る2つの誤解(Nikkei.net)

TLDは、データベースを管理する登録機関のレジストリが、ICANNの認定を受けて直接顧客から申請を受け付け るレジストラーを通じて配布するという仕組みを採用している。TLD自由化の話はあくまでこの「レジストリ」になりたい企業や組織にとっての話であり、個 人やユーザー企業のネットの使い方が大きく変わるというものではない。  レジストリとして登録するための申請料は過去の例から考えても数万ドルになる。

たくさん販売したいからドメインの数を増やしたいというのは分かる。好きなドメインが既に使用されているから登録できないと言うこともあるだろう。

ただ、増やす過ぎるといつでも取れるということで 数多くドメインを押さえることもなくなってくる。結局、増やしたところで需要が増えるとは単純に思えないのだ。 

coreserver契約

|

懸案であったCoreserver(CORE-A)の仮登録をした。Xera+の契約切れが迫っていたこともあったし、ディスク容量15GB、マルチドメイン サブドメイン サブFTPアカウントがそれぞれ無制限という特色があるからだ。だからかえって、ヘビーユーザーが集まるということがあるかもしれない。その時はまた考え直そうと思って仮登録したのだ。

Domain更新の割引

|

VALUE-Domain.comで新規、移管に加え、更新も割引対象となった。値引率は下がってるものの Google Apps for Your Domainを使う限りは、標準のeNomのネームサーバー(DNS1-5.NAME-SERVICES.COM)は使えないので、それならば 上位レジストラがeNom→ KeySystems となったところで不都合はない。

VALUE-Domain.comが管理することは変わらないから、順次内部移管することにした。eNomが、ValueをロックしちゃってDNS引けないことも去年あったから、eNomでなくてもいいし・・・KeySystemsってよく知らないが。