タグ「Camera」 の検索結果(1/1)

Olympus Pen E-P1

|

オリンパスからもマイクロフォーサーズの製品が発表された。

Penという往年の名を冠していることについては、私にはあまり思い入れがない。少年期に家に存在したカメラはPenではなくリコーのオートハーフであった。欲しいと思っていたのは、OMシリーズだったかな・・・写真の趣味というジャンルのない家庭では、写真というのはカメラ、フィルム、現像、アルバムと全てに費用がかかるいわば贅沢品の部類に入っていた。撮れば撮るほど 費用がかさむ。これに、一眼レフならレンズ群の予算がかかるのであるから 到底自分の小遣いで購入できるものではなかった。

 

諸費用がそれほど掛かることもなく 誰でもが気楽に撮れるようになったため、写真の面白さが失われたって 愛好家は言うけれど、カメラ蒐集家の戯れ言だと突っぱねよう!上手い下手を言わず 撮りまくればいいのだ。その愚直の枚数の中に 自分のお気に入りがあればいいのだ。

 

デザインは個人の好み問題なので端折るが、

1.全てのフォーサーズレンズでAFが効くこと

2.SDカードスロットを装備したこと  がいいと思う。ただ、値段は私には買えない。

軽くて高感度撮影もできる期待できるカメラではあるが、価格3万円下落して ポイント2万円で値引きし 現金5万円なら購入してもいい。少なくとも、2年は先だろう。10万円あるのなら、Borg Systemを追加したい。

E-620の発表

|

噂通りE-30とE3桁商品の隙間を埋める新商品が発表となった。

E-520ユーザーとしては、

1.AFの精度がどれくらい上がっているのか

2.ファインダーは広くなったのか  という 2点に興味がある。

実際にさわってみないと何にも分からない。が発表のスペックだけだと E-530クラスの商品ではないのかな。

7点全点ツインセンサー 6種類のアートフィルター 秒4コマの高速連写 あたりはグレードが少し上がってみたいだが、相も変わらずデュアルスロットxD-ピクチャーカードを使っているのにはウンザリする。

撮像素子の最高感度はISO3200。超音波防塵フィルター「SSWF」も備える。連写速度は4コマ/秒。E-30の5コマ/秒には劣るものの、E-520の3.5コマ/秒を上回る。

フリーアングルとなってアートフィルター付きだからE-6xxとなるのかな。610じゃなく620というのが少し変だ。

特に、すぐに買い替えたいという商品には見えないな。小型軽量一眼レフとしては、過不足はないと思うのだが、飛ぶカワセミを追うカメラとしてはE-520と同じで 荷が重いに違いない。E-3位のAF性能は欲しいと思うけど、カワセミ撮りのマイブームが下火になることも予想されるから カメラ本体はしばらく新規購入はしないな。

 

新製品だからE-520が霞んでしまうのは当然だけど、E-620が売れる商品かどうかは分からないが、E-30も霞んでしまった気がして しっかりした商品だなと感じている。ただ、カワセミ撮りとしてはもっと予算が必要なんだろう。

 

自分メモ:

量販店では新商品・既存の商品を含め カメラをさわることは厳禁。自分のE-520だけを使いなさい。

さわればさわるほど、上記機種カメラが欲しくなる! ぞ。君は、買い替えレンズとしてBorgだけを考えなさい。

 

 

 

 

Fotopusに加入

|
E520chage.jpg

佐川急便がやってきた。代金を支払う。内容物を確認し、まずは5時間の電池充電タイム・・・ちと長い。

その間Fotopusに加入した。1万円キャッシュバックは来週かな。迷ったけど、予算との兼ね合いでフォーサーズを選択した。

 

普及モデルとはいえ、自分の腕じゃまだまだ使いこなせないはずだから 酷使しようと思う。充電が終わるのは、24時頃。勤務前に何処かへ寄ろうかな・・・

明日の夕刻には、JTT『MyBattery HQ+ OLYMPUS BLM-1互換バッテリー』も2個届くので旅行には間に合った。後は天気。

E-30の発表

|

E-30の発表は5日だったか。ちょっと出遅れたぞ。

E-520とE-3に位置する中級機というコンセプトながら、価格はキャッシュバックをつけても10万円を超えるとは思ってなかった。レンズセットになるとE-520の倍じゃないか・・・レンズ資産を持ってない人間はちょっと買えない。もちろん、予算が合えば即購入ということなんだがレンズ、三脚 充電池予備 メディア と周辺機器を取りそろえれば今回はE-30は見送りということにするか。

旅行が迫っているので、BORGもスルー・・・ということは E-520あたりが予算的にはベストだな。E-30が値崩れするまでさすがに待てないから。

 

OLYMPUS E-30 ボディ  CONECO価格比較

レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「E-30」を発売

River cormorant

|

よく行く川辺では、人間には臆病で他の鳥には縄張り意識が強い川鵜だが、昨日の川鵜はカメラを向けても一向に逃げなかった。200m下流でカワセミを待っていたのだが、2人も釣り師がいると2度間隔を開けて前を飛び去っただけでいつもの川辺には止まらなかった。

 

日中は、釣り師がいる為 釣り師のいない空間で待つことにする。かえって釣り師がいないところで止まる場所を確認できたのが幸いだ。。今後は待てる場所が増えたから こちらも循環が出来そうだ。また川辺にカワセミ用止まり木を設置しようと考えている。材質や置く場所、設置する時間を考えなくては。そんなことを考えていると、10m先にカワセミが飛来するも距離がありすぎて カメラを向ける気にならない。すぐさまどこかへ飛び去っていく。

 

Borgという選択肢

|

OLYMPUS E-520 超望遠600mmキット は値崩れしてないし、Panasonic G1というマイクロフォーサーズというジャンルも面白そうだ。その中で、最有力な選択肢が浮上した。Borg(http://www.tomytec.co.jp/borg/

DMC-FZ7が私のデジカメであるが、今時FZ7なんて旧式のカメラをメインに使ってる人を勝手にいないんだろうと思ってた。もちろん、専門的なジャンルは難しいけど 一通りの写真は撮れるし動画も残せる。ただ生産終了となり現在はFZ28という後継機が進化して世に活躍している。

 

買い換えというものが苦手だ。そもそも、自作PCは別にして、道具は使い続けたい。新型が出るたびに買い換えって出来ない。

 

MM21夕焼け

絞りをダイヤルでF8にすると、カメラは8秒のシャッタースピードを設定する。せめて、2秒くらいにならないのか。

 嘆いていても仕方がないので、シャッタースピードを2秒にダイヤルすると、カメラはF2.8の絞りにする。

 日が落ちてしまうと、ちょっと戦力にならない。

 

 

 

天気が良くても

|
haretemo.png

仕事の合間に桜木町から大桟橋まで歩いた。天気がいいものだから汗ばむ。光量が多く 目がチカチカする。デジカメで写しても カメラが自動的に絞るので +補正をしっかりしても冴えない色の数々。今日の目的は、昼間のランドマークの姿を記録に残すこと。

ここはやはり 朝夕に来ないとと 再確認したのだが、フィルター欲しいですね。というかデジイチがね・・・

 

αに未練がある。というかミノルタのレンズが睡ってる。

再使用にあたっては多少の手入れが必要だろうけど 使えないはずはない。
1.エントリークラスの旧レンズとα本体
又は
2.最新のズームレンズと最新の一眼レフ本体  という選択になる。

予算の乏しい私には、中級以上のカメラは無理だ。
とりあえず、α350 α300 クラスを検討するしかないのが辛い。

誰もがデジタル一眼レフカメラを持てる時代。
ただ、カメラ本体を買って好きなレンズや手持ちのレンズをセットできるかといえばそうではない。レンズマウント(レンズとボディーを接続する箇所)が違えば セットできないのだ。もちろん、探せば、マウントアダプターか マウントコンバーターを利用すればセットは出来るものがあるみたいだが、全機能が使えなくなってくる。
リンクシェア レビュー アフィリエイト
デジタル一眼カメラといっても、メーカーごとに互換性はないわけだ。