タグ「ウグイス」 の検索結果(1/1)

カワセミは定期的には巡回してくるが、目の前には止まらない。辛抱しながら、これを繰り返すとカワセミは目の前に止まってくれる or 近づいても逃げなくなるのか。そんな思いをしていると、時間が経つのは遅いものだ。あまりいいことではない。

 

まあ、気長にウィスキーを嘗めながら ぼんやり自然の中で佇めばいいんじゃないかな。以後、カメラと一緒にウィスキーを持ってこよう。

P7011148.jpg

2009:07:01 17:20:55 OLYMPUS E-520 超望遠600mmキット
799x600(4:3) 1/100秒 F5.6 ISO400 0.3EV WBオート 300mm  露出   絞り優先
 

巡回にも来ないカワセミを尻目に、1羽のウグイスが声を上げる。鳴き声が大きいなと思って梢に目をこらすと、見える場所で居るじゃないか・・・鳴く姿と美しい音色に満たされる。夏の夕暮れに必ず鳴いてくれるのなら 団扇とウィスキーを毎日持って出かけたいよ。

 

地元のカワセミを撮す というテーマなら カワセミの飛びもの、ダイブなどは来園者の人数を勘案すると とても記録を残せるものではない。カワセミに拘らず やって来る野鳥を捕るというスタンスでやればいい。だけど、人のいないところにやって来るのが野鳥なわけで その辺のところは結論の先延ばしで様子を見るしかないなぁ・・・

 

身近な鳥であるはずウグイスを写したのは、初めてある。鳴き声は、知られているものの姿かたちを見る機会がない。図鑑を見ているときも ウグイスの項目を見ることはない。

 

鳥見をし始めて 草むらから出てこない草色の鳥がいるのを目撃していたのであるけれども それがウグイスであることを知らなかった。馴染みの鳴き声は知っていても、姿は全く知らないのだ。スズメ目ウグイス科の種類は見つけ難いし 見分けもつかないだろう。

 

人通りの多い散策路にもかかわらず、ウグイスやカワセミがこの散策路を生息地として利用しているのはどうしてだろう。餌が比較的安定して存在し、人間が往来することによって天敵に対処しやすいのかもしれない。特に土曜日曜は老人から園児までが散策や遊園に来るのだから・・・

P1186200.jpg